キャッシングの借り入れ限度額と総量規制について

キャッシングの広告では、最大500万円まで融資可能と記載されていますが、実際に500万円も借りている人は、ほとんどいないと考えてもいいでしょう、なぜなら、消費者金融でのキャッシングは、総量規制という法律によって、借り入れの上限を年収の3分の1までと決まっているからです。

複数の金融会社を利用している場合は、その合計金額が年収の3分の1までと決まっていて、消費者金融の他、クレジットカードによるキャッシングにも適用されます。年収が300万円の人が既にA社から100万円借りていた場合、新たにB社に申し込んでも、追加の借り入れはできないようになっているのです。

総量規制は、借り過ぎによって生活が破たんすることがないよう消費者を守る目的で定められた法律です。キャッシングを利用する時は、無理な借り過ぎは禁物ということを、しっかり認識しておきましょう。