主婦によるキャッシング

カードローンのようなキャッシングは大変便利ですが、利用するためには収入の有無が非常に重要になってきます。2006年の貸金業法の改正時に総量規制というものが設けられ、年収の3分の1までしか借り入れすることが出来ないという縛りが出来ましたが、現在では収入さえあれば誰でも3分の1までは借り入れすることが出来るとポジティブに捉えられ、実際に消費者金融では、収入さえあれば総量規制内で誰にでも貸付をおこなうという業者も出てきています。

ですので、アルバイトやパートで働くような主婦の方でも、消費者金融等のカードローンは利用することが出来ます。正社員と比べると、借入限度額に制限が加えられる場合もありますが、収入の額や勤続年数次第では、正社員とそう変わらない条件で借り入れすることも出来るでしょう。

逆に、収入のない無職の方や、専業主婦の方は、現在の消費者金融からの借り入れは非常に難しいと言えます。おこなっている業者も存在しますが、そういった業者は高い金利を設定している事も多いですので、利用をするときは慎重に検討をおこなってからにしてください。

夫に収入がある方へ向けた、配偶者貸付というサービスを実施している業者も存在しますので、専業主婦の方はそちらのサービスを利用すると良いかもしれません。