キャッシングには本人確認が必要

キャッシングやカードローンなどでは、

・申し込み

・審査

・契約

という手順を踏みます。

そして、この申し込みをする際には、必ず「本人確認」が必要となります。

なぜなら、お金を貸すにあたって「誰だかわからない人」に貸すことはできないからです。

これは銀行でも消費者金融でも同じです。

そのため、キャッシングやカードローンの契約をする際には、

・運転免許証

・パスポート

など、本人が確認できる書類が必要となってきます。

運転免許証やパスポートがなくても、ほかの書類で本人確認をすることは可能です。持っていない場合は、契約の際に「何を提出すればよいか」を、サイトや電話での問い合わせで確認しておくとスムーズに申し込みをすることができます。