クレジットカードにおけるキャッシングの必要性とはっ!

たとえば現金を多量に持ち歩くと強盗や落としたりしたらほぼ丸損ですが、クレジットカードなら本人以外に使うことができないので(まあ、コンビニでもサイン、暗証番号無しで1万円まで使えてしまいますが・・・)、現金を持ち歩くのは最小限にとどめた方がいいと思います。

それでもクレジットカードで払えない店、所というのはあるものでして、そういう時にクレカでのキャッシングが役に立つのです。
外国に旅行したことの無い方は実感としてクレジットカードのキャッシングの必要性、重要性を肌で感じていないのでわからない方が多いと思うのですが、なるべく現金は持ち歩かない様にした方が防犯のためにも、落とした時のためにもいいのです。

確かにキャッシングをすると手数料数百円がかかってしまうのですが、それは安全料だと割り切るべきであると思いますし、現金をたくさん持ち歩くのは防犯の面でも、落とした時のためにもいかがなものかと思いますし、キャッシングで手数料が数百円かかるというのをあまり意識しすぎない様にした方がいいと思いますし、例えば現金を5万円持ち歩いていて強盗や落としたら5万円の損ですが、必要な分だけキャッシングしたのなら損害は数百円で済むのです。