アルバイトで仕事をしていてお金を借りたい時は

アルバイトで仕事をしていて、金融機関でお金を借りることはできるのでしょうか。もちろん、きちんと収入があって、ブラックリストに載っていなければ、アルバイトでも問題はありません。これはパートタイムでも同じです。また金融機関での借入れは、保証人も担保も必要ではないので、ちょっと借りたいという時にはとても便利です。

ただアルバイトは正社員とは違い、非正規雇用であるため、審査が厳しい金融機関では、審査に通りにくいこともあります。どちらかといえば、銀行よりも消費者金融の方がお勧めです。持参する物は本人確認と収入証明の書類です。

本人確認は運転免許証、保険証、パスポートのどれかを持って行きましょう。収入証明は、給与明細がいいのですが、職場によっては給与明細がないこともあります。そのような時は、給与振込み用の通帳を持参するようにしましょう。それから消費者金融の場合は、総量規制があります。

総量規制とは、申込む本人の年収の、3分の1の額を限度額とするシステムです。消費者金融からの借入れすべてが対象になりますので、その点に気をつけるようにしましょう。またローンの延滞や債務整理をしていて、5年が経過していない場合は、お金を借入れることは難しくなりますので、この点にも注意しましょう。