固定されやすい金利!不要なカードローンは解約して再審査!

銀行や消費者金融のカードローンを契約する際、少しでも金利の低い会社を検討し、利用中は金利見直しを期待します。しかし、カードローンの多くは利用中は限度枠はアップするものの、金利見直しはほとんど行われないのが実状です。

一部カードローンでは、利用限度枠毎に金利が設定されているものの、多くの場合は契約時の金利のままになってしまいます。金利は、契約内容で決まるという点を活用し、不要なカードローンはそのまま契約を継続するのではなく、解約した方が金利見直しの可能性はあります。

再契約時には、再審査が行われ信用度が向上していれば、より低い金利で契約できる可能性があります。高い金利での契約は、解約により破棄されるという点を活用するのが賢い方法と言えます。